アメリカのごく普通の少女、ケイトリンは、新学期が始まって間もなく、学校の課題として外国に住む同年代の子と文通をすることに。それまで聞いたこともないジンバブエという国の少年、マーティンが文通相手になった。手紙に何をどう書けばいいのか迷いながらも、ケイトリンは好奇心に胸をふくらませ、マーティンへ一通目の手紙を書き始める。 学校や家での出来事を報告し合うなどして互いを知るうちに、手紙の返事を心待ちにするようになった二人。ある日、マーティンから届いた手紙は薄汚れた紙くずに書かれたものだった。その後も、手紙の返事を心待ちにするケイトリンだったが、ついにはマーティンからの連絡が途絶えてしまい……。このときのケイトリンは、まだマーティンの実情を知らなかった。1万キロの距離を越えて心を通わせ、友だちとして支え合った感動の実話。

「心の奥深くまで染み入る――。
思わぬ優しさから、この小さな奇跡は生まれた」
――『ニューヨーク・タイムズ』書評
(amazonから引用)

 

担当:DTP
版元:三笠書房
刊行:2018/3/15