自己啓発書としても読める西洋の古典を、読みやすい訳と分量で、今度こそ名著を自分のものにできます! 19世紀から20世紀にかけて活躍した、フランスの哲学者アラン。 「読んだ人を必ず幸せにする」「この世で最も美しい本」と評されるアランの『幸福論』は、日本でも昔からファンが多く、学生からビジネスマン、経営者まで幅広く親しまれている名著です。 本書では、美しく、そして心にスッと入ってくる訳で定評があり、フランスへの留学経験もある笹根氏が、アランの本質に迫ります。 「礼儀正しくするということは、イライラしないこと」「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」など、人生や人間関係、仕事、感情についてまとめた、実践的な幸福論です。
(amazonから引用)

 

担当:DTP
版元:ウェッジ
刊行:2016/12/22