今となっては「地球最強のアスリート」と呼ばれるようになった、世界最高峰のゴルファー、タイガー・ウッズ。
日本でもタイガー・ウッズに関する本は出版、翻訳されていますが、それらはタイガー・ウッズの「光」の部分にだけ焦点が当てられた内容に過ぎず、その対極にある「影」の部分は描き出せていません。

それもそのはず、タイガー・ウッズは身の回り権利関係にとても敏感で、関係者や親族へ取材を申し込んでも、タイガーの許可がなければ何も話せないというのです。
そんな厳しい状況の中、関係者250名以上、400回以上のインタビューを経て、近代史上もっとも偉大なゴルファーであるタイガーの劇的な成功から挫折、復活に至るまでの道のりを詳細に描いたのが書籍「Tiger Woods」です。

担当:編集・DTP
版元:ゴルフライブ
刊行:2020/8/31