○暴力にどのようにかかわり、ケアする者として安全と安心を創るにはどうすべきか?
○より安全な身体介入技術についても紹介

医療現場で起こる攻撃、暴力を適切にケアするためのプログラムであるCVPPP。
攻撃的にならざるを得ない人に対して、ケアする者としてどのようにかかわるか、そして治療的な環境を守るために必要な視点を解説しました。
より安全な身体介入技術の方法についても紹介しています。
精神科看護師をはじめ、医療関係者、必読の一冊です。

担当:DTP
版元:中央法規出版
刊行:2019/9/30