HOME 企業概要 編集 DTP 翻訳出版 スタッフ紹介 お問い合わせ

 

 


翻訳出版もDTPも、ひとまとめに

 翻訳出版に求められるノウハウとは

 翻訳会社としてスタートしたリリーフ・システムズ

 翻訳出版は、内容の正確さ、文章の読みやすさに加え、日本人の感性や時流に添ったアレンジが求められる高度なプロジェクトです。
 図・表・グラフなど視覚的要素の多い実用書では、エディトリアルデザインの手腕も問われます。
図鑑のように、画像とテキストが複雑にレイアウトされた本では、限られたスペースに最適な訳文をはめ込むテクニックが必要です。
 政治、経済、地理、科学、技術など日進月歩で変化する分野の本なら、情報の最新化や補足をしなければなりません。
リリーフ・システムズはよく
「海外ものに強い編集プロダクション」といわれます。

 翻訳会社としてスタートした弊社には、信頼できる翻訳者のネットワークと、文芸書、実用書、図鑑、事典、パートワークなど多種多様な海外図書の日本語版制作でつちかった編集・制作のノウハウがあります。海外在住の翻訳者と連携し、現地の最新事情をリサーチすることも可能です。
 翻訳はもちろん、編集、DTP、監修まで安心してお任せください。
 

 翻訳実績を、カテゴリー別に紹介

■ 恐竜

 『恐竜サウルス』は、恐竜の全身骨格模型を組み立てる付録が創刊当時話題になりました。

■ ビジネス・ノンフィクション

 環境問題、女性の社会進出もテーマとなりました。



■ 趣味・カルチャー

 史上有名な凶悪事件を網羅し詳しく解説した『マーダー・ケースブック』は異色のシリーズとして注目されました。


■ 音楽・芸術

 音楽のパートワークはクラシックやジャズなど、ジャンルを問わず手がけています。その経験を生かして書籍編集にも取り組むことになりました。


■ ミリタリー

 陸・海・空軍すべての分野と取り組んだ豊富な実績あり。リリーフ・システムズの十八番と言えるジャンルです。

■ 辞典

 イラストや写真がふんだんに使われたビジュアル博物館は日本全国の図書館や学校に収蔵されております。