HOME 企業概要 編集 DTP 翻訳出版 スタッフ紹介 お問い合わせ

 

第9回 亀井 よし子さん「翻訳文学を絶滅させないために」前編
 

翻訳家・亀井よし子さん

『ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅』『ブリジット・ジョーンズの日記』『カジュアル・ベイカンシー』『人類、月に立つ』など、約30年間で手がけた訳書は100点以上。「ちゃんと数えたことないけど、Googleで見ると、そのくらいあるみたい」


 



 面白そうな原書を自分で探し、見つけ、訳して、持ち込む——そうして、純文学の翻訳という重い扉をたたき、道を開いてきた亀井よし子さん。文芸翻訳界ではまごうことなき“大御所”なのですが、実は、佐藤千賀子をはじめリリーフには、“フェロー・アカデミーの亀井先生”と御縁のあった者が多く、先生がこの2月で講師を勇退されたことに特別な思いを抱いております。
さて、「翻訳文学は絶滅危惧種か?」とまで言われるようになった今こそ、亀井先生と「希望の糸口を探りたい」と思いつつ、どうしても「右肩上がりだったあの頃」の話に花が咲いてしまいます…。
■インタビュー:佐藤千賀子(さとう ちかこ) ■テキスト:川上 洋子(かわかみ ようこ)

 


 その他のインタビュー

 

 インタビュー、前編

亀井  1980年代にアメリカ文学で、当の作家たちにとっては不本意な名称だったようだけど、「ミニマリズム」という手法がもてはやされて、日本にもアメリカ小説のブームが来たのね。いきおい、それまで大学の先生がなさることが多かった文芸ものの分野で翻訳者の需要が高まって、私などにもチャンスが巡ってくるようになって。新聞の五段広告に新刊の広告が出ると、20本のうち半分が翻訳ものだったくらい。本屋に行けば、いちばん目立つ場所に翻訳本が平積みになっているという、今では信じられないような時代でしたねえ。
佐藤  翻訳バブル…でしたよね。田口(俊樹)さんは、毎月ミステリーを出せた1年間があって、「月刊・田口で〜す」なんて仰ってました。
亀井  田口さんや私は、いちばんいい時代を知っている世代。教え子に紹介できる仕事もたくさんあったから、彼女たちは下訳も経験せず、レジュメも書かずに、いきなり翻訳デビューして、1冊あげたらすぐ次の仕事にかかる…という感じでした。それが今では、リーディングから入って、1〜2冊は順調に来ても、突然「この路線はやめました」と言われるっていうから…。先日も、卒業生の集まりで、みんな「こんな時代が来るとは思わなかった〜」って。
佐藤  それぞれ事情があるのでしょうけど、「え、この本がこの出版社から出たの?」と驚くことが多いです。路線変えていかないと難しいんでしょうね。
亀井  私はもう“食い逃げ”みたいな感じだけど、今、文芸翻訳だけで食べていかれる人、何人いるかしら?って感じです。発行点数が減っているから、若手や中堅に回らず、数人のベテランに集中している状態でしょう? 比較的固定読者が多いといわれるミステリーの文庫ですら発行部数が減っていると聞くし、部数が出ないから値段が高くなり、ますます売れにくくなる。電車の中で紙の本を読んでいる人、ほとんどいないですものね。本屋さんに行っても、翻訳ものの棚は奥の奥にちょこっとあるだけ。
佐藤  出版社へ翻訳書を持ち込むと、「いい本だと思うんだけど、棚がないんだよ、もう」って言われてしまうんです…。
亀井  たとえば、毎年話題になる『本屋大賞』には翻訳小説部門もあるのだけど、全然話題にされないでしょう? 去年、私の『ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅』(レイチェル・ジョイス著/講談社)が2位に入ったのですが、表彰式翌日の新聞には、1位の作品さえ紹介されていないのよ。日本人作家の作品は10位まで載っているのに!!  海外ものというのは、それほど冷遇されているのよねえ。
佐藤  部数は少なくても「いい作品だから」ということで取り上げてくれてもいいのに。
亀井  むしろ、こんな時代だからこそ、本当にいいものしか出ていないと思うのね。ブームのときは玉石混淆だったから、ある意味それが衰退の原因のひとつだったのかもしれない。でも今は、まず原書の編集者の目を通った作品を、日本の編集者が厳選して、第一線の翻訳家が訳しているわけだから、「読まないと、もったいないのに」と言いたい。
佐藤  みんなで言わないと。もっと、翻訳ものの面白さを。
亀井  そう、言わないと。バブルの頃には、小泉今日子ちゃんなんかがラジオなどでさかんに愛読書を紹介していて、その効果も大きかったみたいなのね。最近の話では、越前(敏弥)さんが『解錠師』(スティーブ・ハミルトン著/早川書房)の主人公を「嵐の二宮君をイメージしながら訳した」って言ったら、嵐のファンの間でわーっと広がったという話を聞きますし。やっぱり、頼みはアイドル、だ。
佐藤  BS放送やラジオでは、本を紹介する番組が少し増えてきたかな?という気もするんですけどね。地上波のテレビなら、伊集院光さんの『100分de名著』(NHK Eテレ)とか。
亀井  丸善の津田沼店に酒井七海さんという外国文学が好きな店員さんがいてね。1月末に『はじめての海外文学フェア』というイベントを開催していたの。50人の作家や翻訳家や評論家や編集者が「はじめての海外文学として読むのにぴったりな1冊」を推薦しているんだけど、いわゆる古典は避けて、本当に初心者が入りやすい作品を挙げることにしたら、その中に『ハロルド・フライ…』も入っていたんですよ。大きな台に50作、それぞれに推薦文のPOPがついていて、そうしたら、結構売れているみたいなのね。ただ置くだけじゃなくて、何かそういう仕掛けをする必要があるということで、少しずつ全国の書店に広がっていったようですよ。
佐藤  売るところでは、酒井さんのような書店員さんの力に期待するとして、翻訳する側の戦略としては、どうしたものでしょう?
亀井  またバブルの話になりますけど、当時は20代の女性がすごく元気でしたね。どんどん外国に出ていって、何年かして帰ってくると、「翻訳くらい、すぐにでもできるんじゃない?」って感じで、もう、その自信、いったいどこから、何を根拠に出てくるんだい?と思ったものだけれど、とにかく元気があったの。
佐藤  「3年以上は勉強しないと無理なの!!」ってね。私もまさにその頃、翻訳学校でガイダンスをしていたので、まず彼女たちの鼻をへし折るところから始める(笑)という感じでした。
亀井  へし折られてやめてしまう子もいたけど、それでも残っていると、できるようになっていく。今の若い人には、そういう勢いが足りない気がするのね。バブル期は「今年より来年が良くなる、来年より再来年が良くなる」と思える時代だったけれども、40代より下の世代は、氷河期しか知らずに大人になっているから、あまり大きなことを考えないし、ちょっとかじってみて、ダメだったらすぐあきらめちゃう。
佐藤  でも、亀井先生がこの世界に入られた頃だって、そんなに楽にデビューできたわけではないですよね。そのお話は後半で。
  →後半へ